YOnoBIのコンセプト・特徴

世界に向けて和雑貨の魅力を発信します

風土に根ざした素材、長年にわたって受け継がれてきている知恵や技。日本の伝統工芸のもつ可能性を信じ、その可能性を新たなるカタチにし、世界中の人々に届けたい――。 そんな私たちの想いが「YOnoBI」の出発点であり、コンセプトです。日本の伝統工芸とモダンなデザインが融合した秀逸な和雑貨を、東京・目黒の地から多くのお客様にお届けしていきたいと考えています。

“日本の伝統工芸×モダンデザイン”

日本の伝統工芸*モダンデザイン

日本の伝統工芸がもつ長い歴史

陶磁器、漆器、鉄器、染・織物、和紙、木工品……。日本の伝統工芸がもつ長い歴史や確かな技術から生まれる製品は、現代に生きる人々にも、 オーセンティックな空気感、そして手仕事のもつ温もりを伝えてくれます。「YOnoBI」は、日本の伝統工芸とモダンデザインが融合する仕組みをつくり、 そこから現代の生活スタイルにフィットした製品を創出。さらにはその製品を世界へと発信することを目的としています。

現代のライフスタイルの中で映える和雑貨

現代のライフスタイルの中で映える和雑貨

「YOnoBI」というブランド名は、“用の美”という言葉の響きから名付けられています。つまり、実際に用いることによって、その美しさを感じ取っていただきたい――。 飾って愛でるだけの和雑貨ではなく、伝統工芸の素晴らしさを伝えつつ、現代のライフスタイルの中に十分溶け込み、役に立つ和モダン雑貨を提供し続けていきます。 「YOnoBI」ブランドの製品は目黒の和雑貨店「YOnoBI love it.」で販売しています。

高いデザイン性×メイド・イン・ジャパンの高品質

高いデザイン性×「メイド・イン・ジャパン」の高品質

「YOnoBI」では、これまでの伝統工芸の枠にとらわれない新しい発想、新しいアイテムを企画・開発し、現代の生活スタイルに合った製品を生み出しています。

それらを生み出すスタッフは、空間デザイン、プロダクトデザインなどで実績のある一流デザイナー、一流のプロデューススタッフ、職人……。 各スタッフの英知と才能、技術、伝統工芸への熱い想いを結集してつくられている製品には、一つひとつが完成された芸術作品のような気品があふれています。

そして、すべての製品が“メイド・イン・ジャパン”。いずれも高品質であることが自慢であり、特に伝統工芸に裏付けられた技巧は、長年培われた技術の証でもあります。

ドイツ・フランクフルト国際見本市「アンビエンテ」への参加

ドイツ・フランクフルト国際見本市「アンビエンテ」への参加

アンビエンテは、ドイツのフランクフルトにて毎年2月に開催されている世界最大級の消費財見本市です。 テーブルウェア、キッチン用品、インテリアアクセサリー、ギフト雑貨など、ありとあらゆる消費財のメーカー、 商社、デザイナーなどが一堂に会し、世界中から訪れるバイヤーと活発な商談を展開しています。

JAPAN STYLE

「YOnoBI」は2009年より毎年参加

このアンビエンテに「YOnoBI」は2009年より毎年参加を重ねており、日本国内のみならず、海外でも高い評価を受けています。そして、「YOnoBI」の目標は見本市への出品を通して、さらなる海外販路の獲得です。海外へ日本の伝統工芸の素晴らしさを拡げていくことは、「YOnoBI」の使命の一つと考えています。

YOnoBI